スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年を振り返る!アライブ10大ニュース!!

こんにちは。

年の瀬ですね。
2009年もいよいよおしまいです。
みなさま、この一年間はいかがお過ごしでしたでしょうか?

きっといろいろな出来事があったはずです。
アライブでもいろいろありました。

2009年も今日で最後ということで、この一年を
アライブ的2009年10大ニュース
振り返ってみたいと思います!


10位

望月奈々先生のコミック版ゼロの使い魔、完結

創刊以来、長きにわたってアライブを支えて下さっていた、望月奈々先生のコミック版『ゼロの使い魔』が、2009年12月号で最終回を迎えました。
かわいらしい絵柄で繰り広げられたルイズとサイトの物語は読者の皆様からも大きな支持をいただき、多くの方から惜しまれながらの完結となりました。
しかし、コミック版『ゼロの使い魔』が終わったわけではありません。
2010年3月号(1月27日発売)から、待望の新章の連載が始まります!
どうぞお楽しみに!!
ゼロの使い魔  6巻 (MFコミックス アライブシリーズ)ゼロの使い魔 6巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/03/23)
著/望月奈々・原作/ヤマグチノボル・キャラクター原産/兎塚エイジ

商品詳細を見る



9位

「メディファク★モバイル!」を筆頭に、
「コミックファクトリー」「コミックCYUTT」など
モバイル展開続々!


娯楽の形態が多様化の一途をたどっている時流に乗り、アライブでも様々な展開を始めています。
これまで本誌に掲載した作品のケータイコミック化はもちろんのこと、『プリンセスラバー』、『メモリーズオフ』、『かみのみっ』などといったケータイオリジナルコンテンツの制作や、「コミックCYUTT」における雑誌形式での配信など、時代に対応すべく積極的にモバイル戦線に打って出ています。
コミックスの読者アンケートのモバイル移行もこの一環です。
なお、「メディファク★モバイル!」では、ケータイコミックの配信のほか、ミニゲームや待受プレゼントなど、様々なコンテンツを用意していますので、ぜひ覗いてみてください!
プリンセスラバー! (MFコミックス アライブシリーズ)プリンセスラバー! (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/08/22)
由雅 なおはRicotta

商品詳細を見る



8位

MFコミック大賞創設&第一回大賞受賞者
森みさき先生連載開始


それまでの新人賞を一新し、コミックフラッパーと合同でメディアファクトリーを挙げての一大漫画新人賞、MFコミック大賞を創設しました!
アライブ・フラッパー両編集部が参加して行うことで、応募作品の幅が広がり、またよりふさわしいデビューへの道筋をご提案する仕組みが出来上がっています。
さらに、対象作品は連載保証していることもあり、第一回の大賞受賞者・森みさき先生の作品『イエローゲート!』が2010年2月号から早くも連載を開始しています!
月刊comicalive(コミックアライブ) 2010年 02月号 [雑誌]月刊comicalive(コミックアライブ) 2010年 02月号 [雑誌]
(2009/12/26)
不明

商品詳細を見る



7位

夏コミで無料小冊子
「メディファクマガジン」を配布


夏のコミックマーケット、メディアファクトリーブースにて、超豪華無料小冊子「メディファクマガジン」を配布いたしました!
カラー16P、モノクロ148Pという超絶ボリュームにしてTAKE FREEという出血大サービス、さらに『聖剣の刀鍛冶』『けんぷファー』『ささめきこと』『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』という4本ものアニメ化作品の原作の試し読みがたっぷり載っているというかゆいところに手が届く構成が評判を呼び、3日間とも午前中ですべて配布終了という大人気ぶりでした。
ダンスインザヴァンパイアバンド 8巻 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ダンスインザヴァンパイアバンド 8巻 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2009/12/22)
環 望

商品詳細を見る




6位

アライブ3周年&MF文庫J7周年
合同プロジェクト実施


アライブの3周年とMF文庫Jの7周年を記念して、アライブ誌上でビッグな合同プロジェクトを行いました!
『ゼロの使い魔』『えむえむっ!』『緋弾のアリア』の書き下ろし小説小冊子はものすごい支持をいただきました。
また、読者プレゼントもMF文庫Jの作家・イラストレーターのサイン入りレアアイテムが多数登場。
このブログでも、MF文庫Jの折り込みチラシに掲載されたあっと先生の4コマを10週連続公開するなど、3ヶ月におよぶ大きな祭りとなりました。
月刊 comic alive (コミックアライブ) 2009年 08月号 [雑誌]月刊 comic alive (コミックアライブ) 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/06/27)
不明

商品詳細を見る



5位

怒涛の新連載ラッシュ

『アイリス・ゼロ』『断裁分離のクライムエッジ』『リバース』『乱刃』『Taboo-Tattoo』『イエローゲート』などのオリジナル作品のほか、『聖剣の刀鍛冶』『緋弾のアリア』『祝福のカンパネラ』『シュタインズ・ゲート』などのメディアミックス作品もあわせ、今年も本当にたくさんの新連載が始まりました。
ありがたいことに、多くの作品が読者の皆様から高い評価をいただいています。
あなたのお気に入りの連載作品はありましたでしょうか?
アイリス・ゼロ 1 (MFコミックス アライブシリーズ)アイリス・ゼロ 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/10/23)
蛍たかなピロ式

商品詳細を見る



4位
アライブ編集部公式twitterアカウント開設


今年に入りどんどんユーザーを拡大しているwebサービス・twitterのアカウントをアライブ編集部でも取得し、
つぶやきを始めました。
単なる情報発信にとどまらず、読者の皆様との双方向的なやりとりをさせていただき、誌面づくりにも役立てさせていただいています。巻頭記事のインタビューで聞いてみたい質問を募集するという試みも行いました。
読者アンケートハガキとあわせ、読者の皆様の声を直接聞くことのできるメディアとして、どんどん重要性を増しています。






次はいよいよベスト3の発表です。




3位

『まりあ†ほりっく』&『ささめきこと』
二大アライブオリジナル作品アニメ化!


アライブオリジナル作品として、連載開始当初から人気の高かった『まりあ†ほりっく』と『ささめきこと』が、1月と10月にそれぞれアニメ化されました。
アライブから生まれた作品がアニメになるというのは、コミック誌として本当に誉れ高く、またそれも皆様の応援のおかげであり、大変感謝しております。
『まりあ†ほりっく』は2010年1月に再放送が決定していますので、こちらもお見逃しなく!
まりあ・ほりっく 1 (MFコミックス アライブシリーズ)まりあ・ほりっく 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2007/02/23)
遠藤 海成

商品詳細を見る



2位

ハイパーメディアミックスラッシュ

先の『まりあ†ほりっく』『ささめきこと』のほか、『クイーンズブレイド』『プリンセスラバー』『ティアーズ
・トゥ・ティアラ』『Phantom』『聖剣の刀鍛冶』『けんぷファー』『クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者』『かのこんOVA』と、計10作品もの作品がアニメと連動し、まさにハイパーメディアミックスラッシュと呼ぶべき状態が続きました。
アニメとマンガは非常に親和性の高いメディア同士であり、
それぞれにいい影響を及ぼしあってくれたと思います。
ささめきこと 1 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2007/12/22)
いけだ たかし

商品詳細を見る




そして気になる1位は……
もうちょっと下へ……




































もうちょっと



































































あと一息
























































1位

『にょたいかっ。』
『悪魔と俺』ヒット!!

アライブ連載作品じゃない!!?

皆さん好きですよね。はい、私も大好きです。
というわけで、まさかの1位は『にょたいかっ。』と『悪魔の俺』のヒットでした。
この2作品は発売されるやいなや、即完売し入手困難になるほどの大人気でした。
『にょたいかっ。』は増刷した2刷すらいまだに入手困難で、
増刷中の3刷の完成を待っている状態です。
これらは少年誌であるアライブとは毛色の異なる作品ですので、
生まれた背景も通常とはまったく異なる2作品でした。
ウケ狙いで1位になっているわけではないんです。
本当です。ほ、本当なんだからっ!
にょたいかっ。 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)にょたいかっ。 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)
(2009/11/21)
龍炎 狼牙

商品詳細を見る



というわけで、いろいろありましたが、2009年はアライブに多大なる応援をいただきありがとうございました。
2010年もさらに面白いマンガをお届けし、常に進化していくために精進して参りますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

アライブ編集部一同
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。